『カカオ79%』226:遊園地へ行こう(8)【あらすじ&感想】

スポンサーリンク
カカオ79% カカオ79%
スポンサーリンク

web漫画/カカオ79%【あらすじ(ネタバレ)&感想226話】~残り21%の甘さ~

226:遊園地へ行こう(8)

「それからもう一つ」

 

翼にかかってきたアリザワ先輩からの電話を勇が取って話をしていた。合流まで時間をつぶす必要があることを確認した後、最後にアリザワ先輩が言う。

 

「遊園地 偶数のみで 来たるべし」

 

?!

 

見事な五・七・五に勇は驚きながらも電話を切った。

 

***

 

ジェットコースターに並びながら、アリザワ先輩、リナ先輩、橘君、天童さん、委員長の5人は話をしている。電話をするアリザワ先輩の後ろでは、天童さんと橘君が、前には委員長とリナ先輩がいた。

 

「ジェットコースターって天童が思うより大分速いから、コンタクトレンズとか気をつけて…」

橘君が天童さんに注意を話すが、天童さんは微妙な反応。

 

「本当にいいの?薫くん、無理しなくていいよ?」

リナ先輩の声掛けに、ガチガチの委員長は、冷や汗を流しながら

「いいえ!乗ります!」

と応える。

 

実際のジェットコースターでは、楽しむリナ先輩の横に、死にそうな委員長が乗車。その後ろに、一人でアリザワ先輩が乗車。その後ろに、目をつむりながら手に力が入る橘君と、初体験でスピードに驚いている天童さんが乗っていた。

 

***

 

「先輩何て?」

アリザワ先輩からの電話を切った勇に翼が聞いた。

 

「寂しいジェトコースターヤロウだ」

勇が応える。

「あ…?どういうこと?」

翼は要領を得ない。

 

「…あの、さ、今の電話は…お前の番号しか知らないからお前にかけたんだろうな」

勇がおもむろに聞く。

 

「そ、その通りでございます」

翼は答えながら、勇からスマホを返してもらった。

 

「とりあえず俺らもジェットコースターのところ向かうか」

「え?!あー…」

翼は、勇が聞いた理由を聞けないまま、相槌をうった。

 

***

 

ゲームセンターのプリクラコーナーの中に、翼と勇はいた。

『さあ!これから撮影が始まるよーー!3・2・1』

機械に合わせて、パシャリとポーズを決める。

 

「…あの、ジェットコースターのところに向かうのでは…?何故に写真…?」

翼は、シャッター音に合わせて、ポーズを決めながら聞く。

「まだ列並んでるらしいから時間潰しだ、疑問を抱くわりにはノリノリじゃねえか」

 

『では次の背景を選択してね~』

まだあるのかよ、と呟きながら機械の操作をする勇を見ながら、翼は思う。

 

先輩の電話のことはもう気にしてない…

…のかな

 

ならよかったけども…

 

てかこれでもう

仲直り出来たわけ?

あなたの機嫌はもう治りましたか?

 

それともやっぱ

一度はちゃんと話し合うべき?

 

でも話し合ったって

アリザワ先輩と縁を切るのは無理があると

納得してもらわなきゃ何も変わんないし…

 

ああ、どうしてこうも

上手くいかないのかな

 

自分が恋愛に不向きな人間すぎて…

こんなやつに付き合わされてる

隣のこやつも苦労してるよ本当

 

…もう目を合わせずに

置いていかれるのは

 

…嫌なのに

 

『さあー撮るよ~』

 

翼が考え込んでいると、再び撮影のタイムになった。勇がガシッと翼の肩を抱く。

「何ぼーっとしてんだよ、ちゃんとカメラ見ろよ」

 

勇がそう言いながら、ひょいっと翼を抱き寄せておでこにキスをする。

 

『3・2・1』

「ハイポーズ」

と勇は言いながら、翼をカメラの方へ向かせ、翼の両頬を寄せて変な顔にする。

 

パシャっととれた写真を見て、勇は

「プハッ顔・・・!」

と吹き出す。翼が怒って勇の胸ぐらをつかんだので、勇は素直に謝罪する。

「はいすみませんでした」

 

それに対して翼は、今までの想いを勇にぶつけた。

「何なのよあんた、何勝手に機嫌直ってんだよ…!こっちは必死でどうすればいいか悩んでんのに…どの気分に合わせりゃ…」

 

勇が翼を抱きしめた。

「今朝はごめん」

 

勇の腕の中で翼は泣き出しそうな顔になる。

 

ToBeContinued

 

カカオ79%【感想(ネタバレ有)】

結局5人でジェットコースター乗ったんですね。そして、アリザワ先輩は、一人で乗ったんですね。寂しかったみたいです(笑)

委員長、自分に気があるはずのリナ先輩が、元カレであるアリザワ先輩とジェットコースターに乗って、自分は下で待ってる、というのが嫌だったのかな。すごい顔して乗っていましたね。

過労+メガネなしの文化祭の時は吐いてしまっていましたが、降りた後、吐かないといいな、と。。。

そして、天童さんのびっくりした顔して乗っているところ、かわいいですね。天童さんは、初めてでも、運動神経もよさそうですし、酔ったりとかしなさそうですね。

橘君が、天童さんに注意事項を説明していて、ちょっと笑ってしまいました。まだ、引率の先生を脱し切れていないというか、天童さんに対する感情が、まず『心配』というのが先に来るんですね。でも、そんな優しい橘君、二人が付き合ったらどうなるのか考えると、やっぱり橘君が天童さんにひたすら優しいのかなって思います。

そしてプリクラを撮る二人。翼と勇ですが、プリクラには、時間を潰すという口実でどうやら勇が連れてきたみたいですね。きっと、可愛い翼を写真に残しておきたかったのかな、と勝手に想像…。

翼はもっともっと、勇に自分がモヤモヤ考えていることを伝えていいと思います。なんせコミュニケーション不足の二人ですから、いつもつまらないところから、すれ違いや行き違いが始まってしまいます。

それにしても、今朝はごめんの勇はかっこよかったです。

あれ?モブ男はまだ動き出さない・・・のですね。前回、思わぜぶりなラストの登場だっただけにドキドキしていましたが、まだ大人しくしていてほしいものです。

カカオ79%【ネタバレ/伏線回】

準備中

カカオ79%【次の話し】

『カカオ79%』227:遊園地へ行こう(9)【あらすじ&感想】
web漫画/カカオ79%【あらすじ(ネタバレ)&感想227話】~残り21%の甘さ~ 227:遊園地へ行こう(9) 「ちょっと薫くん大丈夫?」 ジェットコースターからおりた委員長は、ズンと白目を剥き、口から魂が抜...

カカオ79%【前の話し】

『カカオ79%』225:遊園地へ行こう(7)【あらすじ&感想】
web漫画/カカオ79%【あらすじ(ネタバレ)&感想225話】~残り21%の甘さ~ 225:遊園地へ行こう(7) 「おーい」 作った笑顔で前を歩く翼に、勇が後ろから声をかける。 「おい、ちょっと待てって。...

 

 

コメント