『カカオ79%』206:囲い(11)【あらすじ&感想】

スポンサーリンク
カカオ79% カカオ79%
スポンサーリンク

web漫画/カカオ79%【あらすじ(ネタバレ)&感想206話】~残り21%の甘さ~

ピンポーン

部屋のインターホンが鳴った。男たちは顔を見合わせて、それから天童さんに小さな声で
「動くなよ」
と言った。

男に後頭部を押さえつけられながら、天童さんは、肝試しの時に周りにいた人達のことを思い出していた。橘君、委員長、勇、翼。

コンコンコンとドアがノックされる。が、部屋からの応答がないので、カンカンカンと立ち去っていく音がした。

天童さんは、無理な体勢から力を振り絞って目の前に転がっていたビー玉、肝試しの時に勇と一緒に拾ったビー玉を転がした。ビー玉は、コロコロコロコロと転がって、ドアにコンと音を立てて当たった。

「天童?」
担任の先生が足を止める。
「天童、中にいるのか?」

…この声は
担任?

ドンドンドンとドアをたたく。

…いないのか?
何か音がしたような気がしたけど…
明かりもついているし

先生は頭をかいた。

ダメ
行かないで

助けて

部屋の中で天童さんが念じる。が、カンカンカンカンと先生は階段を降りて行った。

しばらくして、男たちはアイコンタクトを取る。
「そろそろ出て行ってもいいでしょうね」
「ちっ、手間かけさせやがって」

天童さんは、縛られ、口を塞がれたまま、パーカーを被せられ、部屋から外に出され車に乗せられる。
「自然に歩け。余計なことはするな」
男達に連れ出されながらも、天童さんは考えていた。

本当に危険な瞬間が来ると
人間って正直になるもんだ

…生きる価値のない人生とか言いながらも
腹が減るとおにぎりに手が伸びてしまってことだな

一つ確かなのは
必死に手を伸ばしても

タイミングが合わないと
助けてもらうことは
出来ないということ

…そうだな
理由はともかく
私には手を伸ばしてくれる人が
確かにいたんだ

それを上手く利用できずに後悔しておいて
同じことを繰り返しているわけだ

天童さんの頭に、ミドリの顔が、ミツウラの顔が浮かんだ。

…仲のいいやつらが
一人でもいたなら

今日欠席したことを変に思って
家まで駆けこんでくれるとか…

…普通の友達なら
そういうこともあったりするのかな

それでこんな危ないやつらに関わらせて
同じ危ない目に合わせるわけ?

いっそ誰も思い浮かばなくてよかったよ

橘を巻き込まなくてよかった

やっぱこれが
私の正しい生き方
だった訳だ

天童さんは空を見上げた。

「おい早く乗れ…」
男が言ったその時だった。

「おいそこ何してんだよ!」
そう行ってダダダダと駆け寄ってきたのは、勇だった。
「?!何だおまえは?!」
男が言う。

「!やっぱりヤンキー女…!お前顔が…」
殴られて腫れた顔の天童さんを見て、勇が言った。そんな勇の顔に男が殴りかかる。殴られた勇は、天童さんから男が離れているのを確認すると、
「天童!逃げろ!」
と言いながら、男に掴みかかった。

「!このクソガキが…!離せ!」
「なんだテメエは?!死にてえのか?!」
「兄貴?」
運転席にいたもう一人が慌ててもみ合っている勇と男の方へ駆け寄ろうとする。

「早く天童!とりあえずここから離れて大通りへ…!」
勇が叫ぶ。
「追え!逃がすな!」
男も叫ぶ。

天童さんは走った。ガムテープで口を塞がれているので、うまく息が出来ない。

っ逃げてどうする?!
あんなやつら…
また現れるに決まってんのに

一ノ瀬は置いてきてよかったのか?

どうすればよかったんだ?
どう生きればよかったんだよ

何故私を産んだ?
何故現れない?!

父のことを思った。

天童さんは走った。

やっぱり死んでしまいたい

死んでしまいたい

死にたい
死にたい
死にたい
死にたい
死にたい
死にたい

死にたい
死にたい
死にたい
死にたい
死にたい
死にたい
死にたい

もういい

死にたい
死にたい
死んだ方がまし

生きたい
生きたい
生きたい
生きたい
生きたい
生きたい

死にたくない

助けて

「このクソが…!」
追って来た男が手を伸ばして天童さんの髪を引っ張る。

助け…

引っ張られて、天童さんが振り向きざまに見たものは、追っての男の後ろで、振りかぶる翼の姿だった。

ToBeContinued

カカオ79%【感想(ネタバレ有)】

前回、助けてくれる人を思い浮かべたとこで、何故肝試しの時のことだったのかと不思議に思っていましたが、天童さんの目の前にあの時のビー玉があったのですね。腑に落ちました。

今回、帰ってしまったものの、先生が来てくれたのは、おにぎりの万引きのあとで翼が相談したことで、先生がいつも以上に気にかけていたからだと思います。

橘君を巻き込まなくてよかったと、こんな状況でも思える天童さんの優しさ、強さ、すごいですね。最後は怒涛の展開でした。勇が助けに入って、翼がヒーローのように登場したところで話が終わってしまいましたが、果たして、太刀打ちできるのでしょうか。そして勇は無事なのでしょうか。

次の展開が全然想像できませんが、ひとつ、今度こそ天童さんが壁を作らずに翼に助けを求めて欲しいと願っています。

カカオ79%【ネタバレ/伏線回収班】

肝試しのあのとき→『カカオ79%』34:肝試し(1)【あらすじ&感想】

勇にビー玉をもらった天童さん→『カカオ79%』35:肝試し(2)【あらすじ&感想】

肝試しの時のビー玉は大切に天童さんの部屋にあった→『カカオ79%』108:恋したい乙女たち(2)【あらすじ&感想】

翼が佐川先生に相談→『カカオ79%』198:優先順位(2)【あらすじ&感想】

 

カカオ79%【次の話し】

https://pugking.tokyo/kakao79no207

カカオ79%【前の話し】

『カカオ79%』205:囲い(10)【あらすじ&感想】
web漫画/カカオ79%【あらすじ(ネタバレ)&感想205話】~残り21%の甘さ~ …また 私は捨てられて… 天童さんの家で、天童さんは二人の男たちによって後ろ手に縛られ、口はガムテープで塞がれていた。 「兄貴、どうします?...

 

 

コメント