『カカオ79%』182:俺の妹は全然可愛くない【あらすじ&感想】

スポンサーリンク
カカオ79% カカオ79%
スポンサーリンク

web漫画/カカオ79%【あらすじ(ネタバレ)&感想182話】~残り21%の甘さ~

182:俺の妹は全然可愛くない

放課後を知らせるチャイムが鳴り響く。橘君が勇の家に相談に来た日の翌日、勇は蛍から一通のメッセージを受け取っていた。

『勇にぃ、昨日の洗濯担当替わってあげた代わりにアイス忘れないでね。勇にぃの学校前の超かわいいアイスの店の一番大きいサイズで!』

昨日、勇はずっと隣の翼の家にいたのだ。そのメッセージを見て、勇の目玉は飛び出した。

はあ?!あそこめっちゃ高いところじゃね?!
ここぞとばかりに…!

そして、天童さんのことをイモウトみたいに思っていると言った橘君に思いを馳せる。

橘よ、妹というのはこういうもんだぞ…
助け合う仲じゃなく
こき使い合う仲なんだよ

そう思いながらも、勇は蛍に『わかったよ』と送信する。

***

昨夜、勇の部屋で橘君は、天童さんのことをイモウトみたいに思っていると言った
「イ、イモウト…」
勇は反芻して頭を抱えた。

無理だ…これじゃ脈なんてない
妹だと思われちゃこれは
マジで無理で無理な無理の…

頭を抱える勇に対して、橘君は話を続けた。
「でも俺がそう思っているからって天童の気持ちを押しつぶしてはいけなかったんだ。天童が綾野さんのことを警戒し出していたころも、俺に聞こえるように一ノ瀬が好きだと言っていた頃も、それが恋心だとは思っていなかった」
橘君は、肝試しのことを思い出していた。それから文化祭の準備期間、天童さんのアパートで雨宿りをした時のことも。そして、先日、文化祭の終わり掛け、天童さんに告白されたことも。

「いや、思わないようにしていたんだと思う。俺は、天童の気持ちには応えてあげられないから…綾野さんに偉そうなこと言える立場じゃなかったんだな、俺も天童と縁切る覚悟ができてなかったんだ。綾野さんと天童の仲の原因が自分なら、なおさら俺は関わっちゃいけなかったのに、のこのこ連絡して…」
橘君は俯いて話した。勇は、何も言わずに聞いている。

「…一ノ瀬、俺はどうすればいいのかな、もう天童に謝ることすらできないよ」

***

学校の前のアイスの店は、ピンク色に光り輝いていた。周りは全員女子。

あ…くそ…しかも俺一人で入んなきゃいけねえのかよ
よりによって今日翼のやつ生徒会に呼ばれちゃってるし
待ってればよかった

勇がアイスの店に近づくと、周りにいた女子達が、ちらっちらっと勇に視線を送ってくる。

入るしかないのか
俺はこれからこのピンクのハウスへ
一人で入るしかないのか

ふと、視線を別の方へ向ける。そこに、天童さんの後ろ姿を見つける。
「!!」

あれは…!あれでも一応女子の…!

そして天童さんに声をかけた。
「やあ!天童じゃないか!こんなところで会うなんて偶然だな!」
と超学校の前で言う勇は白々しい。
「アイスはいかが?」

***

天童さんの目の前には、大きなアイスが、パフェのようなアイスが置かれていた。天童さんは、その豪華さに、怖い顔をしながらも、目はアイスに釘付けになっていた。
「いやあ助かったよ、お前使い所あるじゃねえか。それ俺の奢りだから食べやがれよ」
勇は結構失礼なことを天童さんに平気で言う。

「いや払う、いくら?」
「いいよ、どうせ妹に買っていくついでだし」
勇はそう言って思い出す。
「……妹…」
橘君が、天童さんのことを妹みたいに思っていると言ったことを。

「お、お前は、イ、イモウトのヨウナモン…だから(?)」
そして何か片言で言ってしまう。
「は?テメェみたいなヘタレ兄を持った覚えはねえよ、何言ってんだこいつ」
案の定、天童さんに一蹴された。

高そう、そう思いながら天童さんがアイスを食べ始めようとすると、
「やっと告白出来たんだし、おめでとうってことで奢らせてよ」
と勇が言った。
「……嫌味か?フラれておめでとって?知ってんだろ?その様子じゃ」

「一歩進んだことにおめでとうって言ってんだよ」
勇の言葉を聞いた天童さんは、顔をあげた。天童さんの目に、光がさす。勇は優しく微笑むような表情で天童さんを見つめた。

アイスやさんで、しばらく二人は向き合って座っていた。

***

翼が放課後の学校の廊下を歩いていると、後ろからものすごい勢いで走ってくる音がした。ダダダダダダダダダダ。
「綾野さーん!」
翼が振り返る。
「委員長、何か…久しぶり?」

委員長はゼーゼーと息を切らしていた。
「も、もしかして今から生徒会室に行かれるんですか?」
委員長がきく。
「え?おう、呼ばれてね。委員長も?」
翼が答える。

「行っちゃ…」
息が切れてなかなか話せない委員長に翼が聞き返す。
「ん?」
「行っちゃダメです…!!」
委員長は勢いよく言った。その瞬間、委員長の眼鏡が、パチンと割れた。

?!

ToBeContinid

 

 

カカオ79%【感想(ネタバレ有)】

準備中

カカオ79%【ネタバレ/伏線回収班】

 

カカオ79%【次の話し】

準備中

カカオ79%【前の話し】

『カカオ79%』180:2番目の告白【あらすじ&感想】
web漫画/カカオ79%【あらすじ(ネタバレ)&感想180話】~残り21%の甘さ~ バイトを終えた天童さんが、更衣室のロッカーに入れてあったスマホを見ると、橘君からの着信と、メッセージが入っていた。 バイトを終えた後少し会えないかな...

 

 

 

 

コメント